助産院を利用してフリースタイルで出産~婦人科で女性の悩み解決~

トピックス

男性と女性

男性側の不妊症

妊娠とは、卵子と精子が結合してできた受精卵が、胚盤胞となり子宮粘膜に着床することをいいます。そして、男性の精子数が少なかったり、活力が無かったりするなら、体外受精という方法で妊娠することが可能です。

詳細はコチラ

診察

健康食品と妊娠率について

不妊に悩む女性に人気があるのが、卵子の老化を防ぐ健康食品です。こういった商品は、35才以上の高齢女性には特に人気があります。妊娠率は生殖細胞の質にあることが話題になっており、今後は不妊治療の効果にも個人差があります。

詳細はコチラ

安心して 出産できる環境を提供

安心して産む

女性

出産となるといろいろと準備が必要です。中でも順調に育っているか確認するため助産院への検診が欠かせません。また出産もそこで行なっていくので、慎重に選ぶ必要があります。

詳細はコチラ

安らげる場所

出産の手伝いをしてくれる助産院は助産師の方が赤ちゃんを優しく取り出してくれます。清潔な空間で元気な赤ちゃんを産みましょう。

出産を主体的に考える

相談する

近年は激務といわれる産科医が減少しています。総合病院や大学病院などでも産婦人科の閉鎖や分娩休止などが相次いでおり、安心して産める場所の確保さえ難しい現状にあります。一方、生む側は少子化が進み、女性が一生涯に出産する子供の数も昔に比べると減少傾向にあります。そのような側面からもますます一人の女性にとって、出産はとても貴重な瞬間になると言えるでしょう。そのような貴重な瞬間をどの場所で、どのように迎えるか。以前なら、病院で出産するしか選択肢がなかった時代も長くありました。しかし、今は、病院だけでなく、助産院での出産などその選択肢は広がりを見せています。なぜ、そのような傾向にあるのでしょうか。それは、出産をより主体的にとらえ、「産まされるのでなく、自分らしく産みたい」と考える女性が増えていることも一つの要因だと言えます。助産院という場所は、そんな女性の思いに応えてくれる場所であり、今後もそんな場所での出産を希望する女性は増えていくことでしょう。

自分らしい出産

では、実際、助産院という場所はどのような場所なのでしょうか。病院と大きく異なる点は、医師が常駐するのでなく、助産師が常駐している点です。通常の妊婦健診や分娩介助、産後の産婦と赤ちゃんのケアまで、トータル診療をすべて助産師が請け負っています。多くの助産院は、家庭的な雰囲気を重視して、施設もより自宅に近いスタイルで建てられ、食事にも工夫されています。そして、妊婦や家族の希望に最大限配慮した出産を叶えさせてくれる場所でもあるのです。しかし、そればかりでなく、妊娠経過中や、出産時のトラブルに備え、しっかりとした医師との連携も不可欠です。このように、しっかりとした医療機関とのパイプがあり、いざという時の対処も安心かつ、自分らしい出産ができるのが助産院なのです。

Copyright © 2015 助産院を利用してフリースタイルで出産~婦人科で女性の悩み解決~ all reserved.